asciidoctor 2.0.9 → 2.0.10

This diff has not been reviewed by any users.
Sign up to get free protection for your applications and to get access to all the features.
checksums.yaml CHANGED
@@ -1,7 +1,7 @@
1
1
  ---
2
2
  SHA256:
3
- metadata.gz: 7d06b9c81c6dd7e6df2024477e3142589c7723c745558780ba22417b6a473153
4
- data.tar.gz: 13bdf319bef92feec8faca9750d2a946a08afbae2046b97bffd6cf2cc3e96c10
3
+ metadata.gz: 640106c18c7aea466ae751e3843fd6e98668877a37f3cf1882fa9b613d088272
4
+ data.tar.gz: 8c3f3ff1fd9cb5d2b63a2bc90abf6e1d3adcdeb846cae2098254e3ce3991f3fd
5
5
  SHA512:
6
- metadata.gz: c10d1ac31e307c48d0b370cfcea8d4aac04eed0a02d916dea23253cee30214fd2ffb63e22ae9c273f64ec82f44c7b8c94b6d41077ea21bf221b80916f52ca9d6
7
- data.tar.gz: 063437b88020715aebd3388ec6e9c68971b404a4441466b4c2e16546bbbeb7aa7dbb4b29714790f1559b9b277b679cafd0f60633483448b5d140603e949c3d0b
6
+ metadata.gz: 6034c64dab7dfb1f3d6e0ccf8832ec6a78d65fc1f8deac12754b83fb1243792d72fc07dc1dbeb5177ab23eab5c35208c8f8bb04ce3818ec0deb8de1d865a6a54
7
+ data.tar.gz: 64ce9f1291bd632ca2dc243c7d25d6a7e04c2f1f0902a583c7bbcf27ec69395b9bc87adfef5e926d39fb274b5bae6d902624f8e99bff49a6d6c6646fed2b87ca
@@ -14,6 +14,17 @@ This document provides a high-level view of the changes introduced in Asciidocto
14
14
  For a detailed view of what has changed, refer to the {uri-repo}/commits/master[commit history] on GitHub.
15
15
 
16
16
  // tag::compact[]
17
+ == 2.0.10 (2019-05-31) - @mojavelinux
18
+
19
+ Bug Fixes::
20
+
21
+ * fix Asciidoctor.convert_file to honor `header_footer: false` option when writing to file (#3316)
22
+ * fix placement of title on excerpt block (#3289)
23
+ * always pass same options to SyntaxHighlighter#docinfo, regardless of value of location argument
24
+ * fix signature of SyntaxHighlighter#docinfo method (#3300)
25
+ * when `icons` is set to `image`, enable image icons, but don't use it as the value of the `icontype` attribute (#3308)
26
+
27
+ // end::compact[]
17
28
  == 2.0.9 (2019-04-30) - @mojavelinux
18
29
 
19
30
  Bug Fixes::
@@ -25,7 +36,6 @@ Bug Fixes::
25
36
  * fix lineno of source location on blocks that follow a detached list continuation (#3281)
26
37
  * assume inline image type is "image" if not set (typically by an extension)
27
38
 
28
- // end::compact[]
29
39
  == 2.0.8 (2019-04-22) - @mojavelinux
30
40
 
31
41
  Bug Fixes::
@@ -174,6 +184,7 @@ Enhancements / Compliance::
174
184
  * use the third argument of AbstractNode#attr / AbstractNode#attr? to set the name of a fallback attribute to look for on the document (#1934)
175
185
  * change default value of third argument to Abstractnode#attr / AbstractNode#attr? to nil so attribute doesn't inherit by default (#3059)
176
186
  * look for table-frame, table-grid, and table-stripes attributes on document as fallback for frame, grid, and stripes attributes on table (#3059)
187
+ * add support for hover mode for table stripes (stripes=hover) (#3110)
177
188
  * always assume the target of a shorthand interdocument xref is a reference to an AsciiDoc document (source-to-source) (#3021)
178
189
  * if the target of a formal xref macro has a file extension, assume it's a path reference (#3021)
179
190
  * never assume target of a formal xref macro is a path reference unless a file extension or fragment is present (#3021)
@@ -226,6 +237,7 @@ Improvements::
226
237
  * value comparison in AbstractNode#attr? is only performed if expected value is truthy
227
238
  * align default CodeRay style with style for other syntax highlighters (#2106)
228
239
  * ensure linenos class is added to linenos column when source highlighter is pygments and pygments-css=style
240
+ * disable table stripes by default (#3110)
229
241
  * rename CSS class of Pygments line numbering table to linenotable (to align with Rouge) (#1040)
230
242
  * remove unused Converter#convert_with_options method (#2891)
231
243
  * add -e, --embedded CLI flag as alias for -s, --no-header-footer (require long option to specify eRuby impl) (#1444)
@@ -1,6 +1,6 @@
1
1
  = Asciidoctor
2
2
  Dan Allen <https://github.com/mojavelinux[@mojavelinux]>; Sarah White <https://github.com/graphitefriction[@graphitefriction]>; Ryan Waldron <https://github.com/erebor[@erebor]>
3
- v2.0.9, 2019-04-30
3
+ v2.0.10, 2019-05-31
4
4
  // settings:
5
5
  :idprefix:
6
6
  :idseparator: -
@@ -17,7 +17,7 @@ ifdef::env-github[]
17
17
  :warning-caption: :warning:
18
18
  endif::[]
19
19
  // Variables:
20
- :release-version: 2.0.9
20
+ :release-version: 2.0.10
21
21
  // URIs:
22
22
  :uri-org: https://github.com/asciidoctor
23
23
  :uri-repo: {uri-org}/asciidoctor
@@ -1,6 +1,6 @@
1
1
  = Asciidoctor
2
2
  Dan Allen <https://github.com/mojavelinux[@mojavelinux]>; Sarah White <https://github.com/graphitefriction[@graphitefriction]>; Ryan Waldron <https://github.com/erebor[@erebor]>
3
- v2.0.9, 2019-04-30
3
+ v2.0.10, 2019-05-31
4
4
  // settings:
5
5
  :idprefix:
6
6
  :idseparator: -
@@ -17,7 +17,7 @@ ifdef::env-github[]
17
17
  :warning-caption: :warning:
18
18
  endif::[]
19
19
  // Variables:
20
- :release-version: 2.0.9
20
+ :release-version: 2.0.10
21
21
  // URIs:
22
22
  :uri-org: https://github.com/asciidoctor
23
23
  :uri-repo: {uri-org}/asciidoctor
@@ -1,8 +1,7 @@
1
1
  = Asciidoctor
2
2
  Dan Allen <https://github.com/mojavelinux[@mojavelinux]>; Sarah White <https://github.com/graphitefriction[@graphitefriction]>; Ryan Waldron <https://github.com/erebor[@erebor]>
3
- v2.0.9, 2019-04-30
3
+ v2.0.10, 2019-05-31
4
4
  // settings:
5
- :page-layout: base
6
5
  :idprefix:
7
6
  :idseparator: -
8
7
  :source-language: ruby
@@ -18,13 +17,17 @@ ifdef::env-github[]
18
17
  :warning-caption: :warning:
19
18
  endif::[]
20
19
  // Variables:
21
- :release-version: 2.0.9
20
+ :release-version: 2.0.10
22
21
  // URIs:
23
22
  :uri-org: https://github.com/asciidoctor
24
23
  :uri-repo: {uri-org}/asciidoctor
25
24
  :uri-asciidoctorj: {uri-org}/asciidoctorj
26
25
  :uri-asciidoctorjs: {uri-org}/asciidoctor.js
26
+ :uri-gradle-plugin: {uri-org}/asciidoctor-gradle-plugin
27
+ :uri-maven-plugin: {uri-org}/asciidoctor-maven-plugin
28
+ :uri-asciidoclet: {uri-org}/asciidoclet
27
29
  :uri-project: https://asciidoctor.org
30
+ :uri-gem: https://rubygems.org/gems/asciidoctor
28
31
  ifdef::env-site[:uri-project: link:]
29
32
  :uri-docs: {uri-project}/docs
30
33
  :uri-news: {uri-project}/news
@@ -33,7 +36,7 @@ ifdef::env-site[:uri-project: link:]
33
36
  :uri-contributors: {uri-repo}/graphs/contributors
34
37
  :uri-rel-file-base: link:
35
38
  :uri-rel-tree-base: link:
36
- ifdef::env-site[]
39
+ ifdef::env-site,env-yard[]
37
40
  :uri-rel-file-base: {uri-repo}/blob/master/
38
41
  :uri-rel-tree-base: {uri-repo}/tree/master/
39
42
  endif::[]
@@ -48,78 +51,101 @@ endif::[]
48
51
  :uri-user-manual: {uri-docs}/user-manual
49
52
  :uri-install-docker: https://github.com/asciidoctor/docker-asciidoctor
50
53
  //:uri-install-doc: {uri-docs}/install-toolchain
51
- :uri-install-osx-doc: {uri-docs}/install-asciidoctor-macosx
52
- :uri-render-doc: {uri-docs}/render-documents
54
+ :uri-install-macos-doc: {uri-docs}/install-asciidoctor-macos
55
+ :uri-convert-doc: {uri-docs}/convert-documents
53
56
  :uri-themes-doc: {uri-docs}/produce-custom-themes-using-asciidoctor-stylesheet-factory
54
57
  :uri-gitscm-repo: https://github.com/git/git-scm.com
55
58
  :uri-prototype: {uri-gitscm-repo}/commits/master/lib/asciidoc.rb
56
59
  :uri-freesoftware: https://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html
57
60
  :uri-foundation: https://foundation.zurb.com
61
+ :uri-opal: https://opalrb.com
58
62
  :uri-tilt: https://github.com/rtomayko/tilt
59
- :uri-ruby: https://ruby-lang.org
63
+ :uri-ruby: https://www.ruby-lang.org
60
64
  // images:
61
65
  :image-uri-screenshot: https://raw.githubusercontent.com/asciidoctor/asciidoctor/master/screenshot.png
62
66
 
63
- {uri-project}/[Asciidoctor] _高速な_ テキストプロセッサで {uri-what-is-asciidoc}[AsciiDoc] をHTML 5, DocBook 5や他のフォーマットに変換するツールチェインを配布しています.
64
- AsciidoctorはRubyで書かれており, RubyGemとしてパッケージされ, {uri-rubygem}[RubyGems.org] で配布されています.
65
- gemはいくつかのLinuxディストリビューション, Fedora, Debian, Ubuntuにも含まれています.
66
- Asciidoctorはオープンソース {uri-repo}[hosted on GitHub] で {uri-license}[the MIT licence]のもとに配布されます.
67
-
68
- ifndef::env-site[]
69
- Translations of this document are available in the following languages:
70
-
71
- * {uri-rel-file-base}README-zh_CN.adoc[汉语]
72
- * {uri-rel-file-base}README.adoc[English]
73
- * {uri-rel-file-base}README-fr.adoc[Français]
67
+ {uri-project}[Asciidoctor]は, {uri-what-is-asciidoc}[AsciiDoc] で書かれたコンテンツをHTML5, DocBook, PDFなどのフォーマットに変換する, _高速で_ {uri-license}[オープンソース] のテキストプロセッサおよびパブリッシングツールチェインです.
68
+ AsciidoctorはRubyで書かれており, すべての主要オペレーティングシステムで動作します.
69
+ Asciidoctorプロジェクトは {uri-repo}[GitHubにホスティング] されています.
70
+
71
+ インストールをシンプルにするため, AsciidoctorはRubyGem(gem)パッケージとして, {uri-rubygem}[RubyGems.org] で配布されています.
72
+ さらに, Asciidoctorは主要なLinuxディストリビューション用およびmacOS用パッケージとしても配布されています.
73
+ AsciidctorはRubyで動作するだけでなく, {uri-asciidoctorj}[AsciidoctorJ]としてJVM上でも動作します. また, {uri-asciidoctorjs}[Asciidoctor.js]としてどのようなJavaScript環境(ブラウザを含む)でも実行できます.
74
+
75
+ ifndef::env-site,env-yard[]
76
+ このドキュメントには以下の言語版が存在します: +
77
+ {uri-rel-file-base}README.adoc[English]
78
+ |
79
+ {uri-rel-file-base}README-zh_CN.adoc[汉语]
80
+ |
81
+ {uri-rel-file-base}README-de.adoc[Deutsch]
82
+ |
83
+ {uri-rel-file-base}README-fr.adoc[Français]
74
84
  endif::[]
75
85
 
76
- .Key documentation
86
+ .主なドキュメント
77
87
  [.compact]
78
88
  * {uri-docs}/what-is-asciidoc[What is AsciiDoc?]
79
89
  * {uri-docs}/asciidoc-writers-guide[AsciiDoc Writer's Guide]
80
- * {uri-docs}/asciidoc-syntax-quick-reference[AsciiDoc Syntax Reference]
81
90
  * {uri-docs}/user-manual[Asciidoctor User Manual]
91
+ * {uri-docs}/asciidoc-syntax-quick-reference[AsciiDoc Syntax Reference]
82
92
 
83
- .Rubyの行く先, Asciidoctorの追うところ
84
- ****
85
- AsciidoctorはJRubyを用いてJVM上でも実行できます.
86
- Javaや他のJVM言語からAsciidoctor APIを直接呼び出すには, {uri-asciidoctorj}[AsciidoctorJ] を使ってください.
87
- AsciidoctorJに基づいた, AsciidoctorプロセッサをApache Maven, GradleやJavadocに統合するプラグインがあります.
93
+ ifdef::status[]
94
+ //.*Project health*
95
+ image:https://img.shields.io/gem/v/asciidoctor.svg[Latest Release, link={uri-gem}]
96
+ image:https://img.shields.io/badge/rubydoc.info-{release-version}-blue.svg[library (API) docs,link=https://www.rubydoc.info/gems/asciidoctor/{release-version}]
97
+ image:https://img.shields.io/travis/asciidoctor/asciidoctor/master.svg[Build Status (Travis CI),link=https://travis-ci.org/asciidoctor/asciidoctor]
98
+ image:https://ci.appveyor.com/api/projects/status/ifplu67oxvgn6ceq/branch/master?svg=true&amp;passingText=green%20bar&amp;failingText=%23fail&amp;pendingText=building%2E%2E%2E[Build Status (AppVeyor),link=https://ci.appveyor.com/project/asciidoctor/asciidoctor]
99
+ //image:https://img.shields.io/coveralls/asciidoctor/asciidoctor/master.svg[Coverage Status,link=https://coveralls.io/r/asciidoctor/asciidoctor]
100
+ //image:https://codeclimate.com/github/asciidoctor/asciidoctor/badges/gpa.svg[Code Climate,link=https://codeclimate.com/github/asciidoctor/asciidoctor]
101
+ image:https://inch-ci.org/github/asciidoctor/asciidoctor.svg?branch=master[Inline docs,link=https://inch-ci.org/github/asciidoctor/asciidoctor]
102
+ endif::[]
88
103
 
89
- AsciidoctorはJavaScriptでも実行可能です.
90
- {uri-asciidoctorjs}[Asciidoctor.js], WebブラウザやNode.jsのようなJavaScript環境で動くAsciidoctorの完全機能版, を生成するために, RubyのソースをJavaScriptにトランスパイルするのに https://opalrb.com[Opal]を使います.
91
- Asciidoctor.jsはChrome, Atom, Brackets や他のウェブベースのツールの拡張機能としてAsciiDocのプレビューのために使われます.
92
- ****
104
+ == スポンサー
93
105
 
94
- ifdef::status[]
95
- .*Project health*
96
- image:https://img.shields.io/travis/asciidoctor/asciidoctor/master.svg[Build Status (Travis CI), link=https://travis-ci.org/asciidoctor/asciidoctor]
97
- image:https://ci.appveyor.com/api/projects/status/ifplu67oxvgn6ceq/branch/master?svg=true&amp;passingText=green%20bar&amp;failingText=%23fail&amp;pendingText=building%2E%2E%2E[Build Status (AppVeyor), link=https://ci.appveyor.com/project/asciidoctor/asciidoctor]
98
- //image:https://img.shields.io/coveralls/asciidoctor/asciidoctor/master.svg[Coverage Status, link=https://coveralls.io/r/asciidoctor/asciidoctor]
99
- image:https://codeclimate.com/github/asciidoctor/asciidoctor/badges/gpa.svg[Code Climate, link="https://codeclimate.com/github/asciidoctor/asciidoctor"]
100
- image:https://inch-ci.org/github/asciidoctor/asciidoctor.svg?branch=master[Inline docs, link="https://inch-ci.org/github/asciidoctor/asciidoctor"]
106
+ {uri-project}/supporters[スポンサー] のみなさまが, このプロジェクトをサポートし, より良いテクニカルドキュメンテーションの実現にコミットメントをしてくださっていることに感謝します.
107
+ スポンサーのみなさま, ありがとうございます!
108
+ みなさまの多くのサポートなくしてAsciidoctorは実現不可能です.
109
+
110
+ ifndef::env-site,env-yard[]
111
+ Asciidoctorの主な資金的サポートは, *Change Maker* である https://opendevise.com[OpenDevise], *Strategy Sponsors* である https://www.khronos.org/[Khronos Group] とLinda Roberts, そして *Pull Request Backers* である Brian Dominick, Guillaume Grossetie, Abel Salgado Romero によって提供されています.
112
+ さらに, {uri-project}/supporters[Community Backers] のページに掲載されているサポーターによって追加的な資金が提供されています.
101
113
  endif::[]
102
114
 
103
- == The Big Picture
115
+ https://opencollective.com/asciidoctor[OpenCollective] を通じてスポンサーになることにより, このプロジェクトを支援することができます.
116
+
117
+ == 全体像
118
+
119
+ Asciidoctorは, 下図左側のようなプレーンテキストを読み込んで, 右側のようなHTML5に変換します.
120
+ 特別な設定をしなくてもきれいな表示が得られるよう, HTML5の出力にはデフォルトのスタイルシートが適用されます.
121
+
122
+ image::{image-uri-screenshot}[AsciiDocソースとレンダリングされたHTMLのプレビュー]
123
+
124
+ == AsciiDocの処理
104
125
 
105
- Asciidoctorは下図の左側のパネルに示されるように, 平文で書かれた内容を読み, 右のパネルに描かれるようにHTML 5に変換します.
106
- Asciidoctorは枠にとらわれない快適なエクスペリエンスのためにデフォルトスタイルシートをHTML 5ドキュメントに適用します.
126
+ Asciidoctorは, AsciiDoc文法で書かれたテキストを読み込んでパースします. 次に内蔵コンバータにパースツリーを渡します. これによりHTML5, DocBook 5やman(マニュアルmanページ)が出力されます.
127
+ 出力をカスタマイズしたりフォーマットを追加したりしたいときは, ユーザ独自のコンバータや {uri-tilt}[Tilt] 対応テンプレートを使用することができます.
107
128
 
108
- image::{image-uri-screenshot}[Preview of AsciiDoc source and corresponding rendered HTML]
129
+ AsciidoctorはオリジナルのAsciiDoc Pythonプロセッサ(`asciidoc.py`)に完全互換です.
130
+ Asciidoctorのテストスイートには, AsciiDoc文法との互換性を保証するために {uri-tests}[2350個を超えるテスト] が入っています.
109
131
 
110
- == AsciiDoc Processing
111
- AsciidoctorはAsciiDoc文法で書かれたテキストを読み込み解釈し, それからHTML 5, DocBook 5やman(ual)を出力するために内蔵コンバータセットにパースツリーを渡します.
112
- 生成された出力をカスタマイズ, あるいは追加のフォーマットをつくるためにあなた自身のコンバータを使うことや {uri-tilt}[Tilt]-supported テンプレートを読み込むオプションがあります.
132
+ Asciidoctorでは, AsciiDocの従来の文法のほかに, Asciidoctorで追加されたマークアップとフォーマッティングオプションが使用できます. フォントベースのアイコン (例えば, `+icon:fire[]+`) やUIエレメント(`+button:[Save]+`)がそれにあたります.
133
+ またAsciidoctorは, HTML5出力時のスタイルとして {uri-foundation}[Foundation] に基づいたモダンでレスポンシブなテーマも提供します.
113
134
 
114
- NOTE: AsciidoctorはオリジナルのAsciiDoc Pythonプロセッサ(`asciidoc.py`)の完全互換です.
115
- Asciidoctorテストスイートは {uri-tests}[> 1,600 tests] をAsciiDoc文法との互換性を保証するために有しています.
135
+ == RubyのあるところAsciidoctorも動く
116
136
 
117
- クラシックなAsciiDoc文法に加えて, Asciidoctorは追加のマークアップとフォントベースのicons(例えば, `+icon:fire[]+`)などのフォーマッティングオプションとUIエレメント(`+button:[Save]+`)を 受け付けます.
118
- AsciidoctorはHTML 5出力をスタイルするため, モダンで, {uri-foundation}[Foundation] に基づいたレスポンシブテーマをも提供します.
137
+ AsciidoctorはJRubyを用いてJVM上でも実行できます.
138
+ Javaや他のJVM言語からAsciidoctor APIを直接呼び出すには, {uri-asciidoctorj}[AsciidoctorJ] を使ってください.
139
+ AsciidoctorJを使ったAsciiDocの処理をビルドに直接組み込むビルドツール用プラグインとして, {uri-maven-plugin}[Apache Maven用], {uri-gradle-plugin}[Gradle用], および {uri-asciidoclet}[Javadoc用] が存在します.
140
+
141
+ AsciidoctorはJavaScriptでも実行可能です.
142
+ Rubyで書かれたソースを {uri-opal}[Opal] を使ってJavaScriptにトランスパイルすることで {uri-asciidoctorjs}[Asciidoctor.js] が作成されています.
143
+ Asciidoctor.jsはどんなJavaScript環境(WebブラウザやNode.jsを含む)でも動作する, JavaScript版の完全なAsciidoctorです.
144
+ Chrome, Atom, Bracketsやその他のウェブベースのツールで, AsciiDocをプレビューするための拡張機能にAsciidoctor.jsが使われています.
119
145
 
120
- == Requirements
146
+ == 必要条件
121
147
 
122
- AsciidoctorはLinux, OS X (Mac)とWindowsで動き, 下記の {uri-ruby}[Ruby]実装の一つを必要とします.
148
+ AsciidoctorはLinux, macOS, およびWindowsで動作し, 下記の {uri-ruby}[Ruby]実装の一つを必要とします.
123
149
 
124
150
  * CRuby (aka MRI) 2.3 - 2.6
125
151
  * JRuby 9.1 - 9.2
@@ -128,58 +154,121 @@ AsciidoctorはLinux, OS X (Mac)とWindowsで動き, 下記の {uri-ruby}[Ruby]
128
154
 
129
155
  [CAUTION]
130
156
  ====
131
- もし非英語環境のWindowsを使っているなら, Asciidoctorを起動した時に `Encoding::UndefinedConversionError` に遭遇するでしょう.
132
- これを解決するには使っているコンソールの有効なコードページをUTF-8:
157
+ もし非英語環境のWindowsを使っているなら, Asciidoctorを起動した時に `Encoding::UndefinedConversionError` に遭遇するかもしれません.
158
+ これを解決するには, 以下のコマンドにより, 使っているコンソールの有効なコードページをUTF-8に変更することを推奨します:
133
159
 
134
160
  chcp 65001
135
161
 
136
- に変更することを推奨します.
137
162
  一度この変更をすると, Unicode関連の頭痛の種は消えるでしょう.
138
163
  もしEclipseのようなIDEを使っているなら, 同様にエンコーディングをUTF-8にするのを忘れないでください.
139
- AsciidoctorはUTF-8が使われているところで最高の働きを見せます.
164
+ AsciidoctorはUTF-8の環境において最も良好に動作します.
140
165
  ====
141
166
 
142
- == Installation
167
+ == インストール
143
168
 
144
- Asciidoctor (a) `gem install` コマンド, (b) Bundler あるいは (c) 有名Linuxディストリビューションのパッケージマネージャ を用いてインストールされます.
169
+ Asciidoctorは, (a) 主なLinuxディストリビューションのパッケージマネージャ, (b) macOSのHomebrew, (c) `gem install` コマンド(Windowsユーザに推奨), (d) Asciidoctor Dockerイメージ, あるいは(e) Bundlerを用いてインストールできます.
145
170
 
146
- TIP: Linuxパッケージマネージャを用いてインストールすることの利点は, もしRubyやRubyGemsライブラリがまだインストールされていなかったら, それらを処理してくれることです.
147
- 欠点はgemのリリース直後にはすぐには有効にならないことです.
148
- もし最新バージョンを使いたければ, 必ず `gem` コマンドを使いましょう.
171
+ Linuxパッケージマネージャを用いてインストールする利点は, もしRubyやRubyGemsライブラリがまだインストールされていなかったら, それらをインストールしてくれることです.
149
172
 
150
- === (a) gem install
173
+ === (a) Linuxのパッケージマネージャ
151
174
 
152
- ターミナルを開き, 入力しましょう (先頭の`$`は除く):
175
+ パッケージマネージャによってインストールされるAsciidoctorは最新バージョンではないかもしれません.
176
+ ディストリビューションの各リリースにおいてどのバージョンのAsciidoctorがパッケージされているかを確認するには, パッケージリポジトリを参照してください.
153
177
 
154
- $ gem install asciidoctor
178
+ * https://pkgs.alpinelinux.org/packages?name=asciidoctor[Alpine Linux (asciidoctor)]
179
+ * https://www.archlinux.org/packages/?name=asciidoctor[Arch Linux (asciidoctor)]
180
+ * https://packages.debian.org/sid/asciidoctor[Debian (asciidoctor)]
181
+ * https://apps.fedoraproject.org/packages/rubygem-asciidoctor[Fedora (asciidoctor)]
182
+ * https://software.opensuse.org/package/rubygem-asciidoctor[OpenSUSE (rubygem-asciidoctor)]
183
+ * https://packages.ubuntu.com/search?keywords=asciidoctor[Ubuntu (asciidoctor)]
155
184
 
156
- もし, 先行リリースバージョン(例えばリリース候補版)をインストールしたければ
185
+ パッケージマネージャによってインストールされるバージョンよりも新しいAsciidoctorを使用したい場合は, <<gem-install,gemのインストール方法>> を参照してください.
157
186
 
158
- $ gem install asciidoctor --pre
187
+ ==== apk (Alpine Linux)
159
188
 
160
- .アップグレード
161
- [TIP]
162
- ====
163
- もしAsciidoctorの以前のバージョンがインストール済みであれば, 以下によってアップデートできます:
189
+ Alpine Linuxにgemをインストールするには, ターミナルを開き, 以下を入力してください:
164
190
 
165
- $ gem update asciidoctor
191
+ $ sudo apk add asciidoctor
166
192
 
167
- もし gem update の代わりに `gem install` を使ってgemを新バージョンにした場合, 複数バージョンがインストールされるでしょう.
168
- そのときは, 以下のgemコマンドで古いバージョンを削除しましょう:
193
+ ==== pacman (Arch Linux)
169
194
 
170
- $ gem cleanup asciidoctor
171
- ====
195
+ Archベースのディストリビューションにgemをインストールするには, ターミナルを開き, 以下を入力してください:
196
+
197
+ $ sudo pacman -S asciidoctor
198
+
199
+ ==== APT
200
+
201
+ Debian, またはUbuntuなどDebianベースのディストリビューションでは, APTを使ってAsciidoctorをインストールしてください.
202
+ Asciidoctorパッケージをインストールするには, ターミナルを開き, 以下を入力してください:
203
+
204
+ $ sudo apt-get install -y asciidoctor
205
+
206
+ ==== DNF
207
+
208
+ Fedora, CentOS, RHELなどRPMベースのLinuxディストリビューションでは, DNFパッケージマネージャを使ってAsciidoctorをインストールしてください.
209
+ Asciidoctorパッケージをインストールするには, ターミナルを開き, 以下を入力してください:
210
+
211
+ $ sudo dnf install -y asciidoctor
212
+
213
+ === (b) Homebrew (macOS)
214
+
215
+ macOSでは, パッケージマネージャHomebrewを使用してAsciidoctorをインストールすることができます.
216
+ Homebrewをお持ちでない場合は, まず https://brew.sh/[brew.sh] の説明に従ってHomebrewをインストールしてください.
217
+ Homebrewをインストールできたら, `asciidoctor` gemをインストールすることができます.
218
+ ターミナルを開き, 以下を入力してください:
219
+
220
+ $ brew install asciidoctor
221
+
222
+ Homebrewにより, システムレベルのgemとは別の独立したprefixのパスに `asciidoctor` gemがインストールされます.
223
+
224
+ === (c) Windows
172
225
 
173
- === (b) Bundler
226
+ WindowsでAsciidoctorを使う場合は, 簡単な方法が2つあります.
174
227
 
175
- . プロジェクトフォルダーのルート(かカレントディレクトリ)にGemfileを作成
228
+ ==== Chocolatey
229
+
230
+ すでにお使いのマシンで https://chocolatey.org[chocolatey] を使用しているなら, 以下の方法を使用することができます:
231
+
232
+ [source]
233
+ ----
234
+ choco install ruby
235
+ ----
236
+
237
+ そのあとは <<gem-install,gemのインストール方法>> に従ってください.
238
+
239
+ ==== Rubyinstaller
240
+
241
+ https://rubyinstaller.org/downloads/[Rubyinstaller] を使用したい場合は, お使いのWindowsのバージョンに適したRubyinstallerをダウンロードしてRubyをインストールしたあと, <<gem-install,gemのインストール方法>> に従ってください.
242
+
243
+ [#gem-install]
244
+ === (d) gem install
245
+
246
+ Asciidoctorを `gem install` を使ってインストールするのであれば, その前に https://rvm.io[RVM] を使ってhomeディレクトリ(つまりユーザ領域)にRubyをインストールしておくべきです.
247
+ そうすれば, `gem` コマンドを使用して安全にAsciidoctor gemのインストールやアップデートができます.
248
+ RVMを使用すると, システムから隔離された場所にgemがインストールされます.
249
+
250
+ ターミナルを開き, 以下のように入力してください:
251
+
252
+ $ gem install asciidoctor
253
+
254
+ もし, 先行リリースバージョン(例えばリリース候補版)をインストールしたければ以下のようにします.
255
+
256
+ $ gem install asciidoctor --pre
257
+
258
+ === (e) Docker
259
+
260
+ {uri-install-docker}[Installing Asciidoctor using Docker]を参照してください.
261
+
262
+ === (f) Bundler
263
+
264
+ . プロジェクトのルートフォルダ(またはカレントディレクトリ)にGemfileを作成
176
265
  . `asciidoctor` gemをGemfileに以下のように追加:
177
266
  +
178
267
  [source,subs=attributes+]
179
268
  ----
180
269
  source 'https://rubygems.org'
181
270
  gem 'asciidoctor'
182
- # or specify the version explicitly
271
+ # または明示的にバージョンを指定
183
272
  # gem 'asciidoctor', '{release-version}'
184
273
  ----
185
274
 
@@ -189,111 +278,89 @@ gem 'asciidoctor'
189
278
  $ bundle
190
279
 
191
280
  gemをアップグレードするには, Gemfileで新バージョンを指定し, `bundle` を再び実行してください.
192
- `bundle update` は他のgemもアップデートするため推奨されて *いない* ので, 思わぬ結果になるかも知れません.
281
+ `bundle update` を(gemを指定せずに)行うことは推奨 *されません* . 他のgemもアップデートされて思わぬ結果になるかもしれないためです.
193
282
 
194
- === (c) Linux package managers
283
+ == アップグレード
195
284
 
196
- ==== DNF (Fedora 21 or greater)
285
+ オペレーティングシステムのパッケージマネージャでAsciidoctorをインストールしたのであれば, おそらくパッケージは自動的にアップデートされるように設定されています. その場合は, gemを手動でアップデートする必要はありません.
197
286
 
198
- dnfを使いFedora21かそれ以上にインストールするには, ターミナルを開き, 以下を入力してください:
287
+ === apk (Alpine Linux)
199
288
 
200
- $ sudo dnf install -y asciidoctor
201
-
202
- gemをアップグレードするには:
203
-
204
- $ sudo dnf update -y asciidoctor
205
-
206
- TIP: お使いのシステムは自動的にrpmパッケージをアップデートするよう設定されているかも知れません.その場合, gemのアップデートのためにあなたがすべきことはありません.
289
+ gemをアップグレードするには, 以下を使用してください:
207
290
 
208
- ==== apt-get (Debian, Ubuntu, Mint)
209
-
210
- Debian, UbuntuまたはMintにインストールするには, ターミナルを開き, 以下を入力してください:
291
+ $ sudo apk add -u asciidoctor
211
292
 
212
- $ sudo apt-get install -y asciidoctor
293
+ === APT
213
294
 
214
- gemをアップグレードするには:
295
+ gemをアップグレードするには, 以下を使用してください:
215
296
 
216
297
  $ sudo apt-get upgrade -y asciidoctor
217
298
 
218
- TIP: お使いのシステムは自動的にdebパッケージをアップデートするよう設定されているかも知れません.その場合, gemのアップデートのためにあなたがすべきことはありません.
219
-
220
- パッケージマネージャ(apt-get)によってインストールされたバージョンのAsciidoctorは最新リリースのAsciidoctorではないかもしれません.
221
- ディストリビューションのリリース毎に, どのバージョンがパッケージされているかはパッケージリポジトリを調べてください.
222
-
223
- * https://packages.debian.org/search?keywords=asciidoctor&searchon=names&exact=1&suite=all&section=all[asciidoctor package by Debian release]
224
- * https://packages.ubuntu.com/search?keywords=asciidoctor&searchon=names&exact=1&suite=all&section=all[asciidoctor package by Ubuntu release]
225
- * https://community.linuxmint.com/software/view/asciidoctor[asciidoctor package by Mint release]
299
+ === DNF
226
300
 
227
- [CAUTION]
228
- ====
229
- パッケージマネージャによって管理されているgemをアップデートするのに `gem udpate` コマンドを使うなといわれるでしょう.
230
- そのようなことをするのは, パッケージマネージャがファイル(/usr/local下にインストールされた)を追跡できなくなるためにシステムが不安定な状態にするためです.
231
- 単純に, システムgemはパッケージマネージャによってのみ管理されるべきです.
301
+ gemをアップグレードするには, 以下を使用してください:
232
302
 
233
- もし, パッケージマネージャによってインストールされたのより新しいバージョンのAsciidoctorを使いたければ, https://rvm.io[RVM] https://github.com/rbenv/rbenv[rbenv]を使ってRubyをホームディレクトリ(すなわち, ユーザースペース)にインストールするべきです.
234
- それから, 安心して `gem` コマンドをAsciidoctorのアップデート, インストールのために使うことができます.
235
- RVMやrbenvを使っているなら, gemはシステムからは孤立した場所にインストールされます.
236
- ====
303
+ $ sudo dnf update -y asciidoctor
237
304
 
238
- ==== apk (Alpine Linux)
305
+ === Homebrew (macOS)
239
306
 
240
- Alpine Linuxにgemをインストールするには, ターミナルを開き, 以下を入力してください:
307
+ gemをアップグレードするには, 以下を使用してください:
241
308
 
242
- $ sudo apk add asciidoctor
309
+ $ brew update
310
+ $ brew upgrade asciidoctor
243
311
 
244
- gemをアップグレードするには:
312
+ === gem install
245
313
 
246
- $ sudo apk add -u asciidoctor
314
+ `gem` コマンドを使ってAsciidoctorをインストールした場合は, 新しいバージョンのAsciidoctorがリリースされたら手動でアップグレードする必要があります.
315
+ 以下を入力することでアップグレードできます:
247
316
 
248
- TIP: お使いのシステムは自動的にapkパッケージをアップデートするよう設定されているかも知れません.その場合, gemのアップデートのためにあなたがすべきことはありません.
317
+ $ gem install asciidoctor
249
318
 
250
- === Other installation options
319
+ `gem install` を使って新しいバージョンのgemをインストールすると, 複数のバージョンがインストールされた状態になります.
320
+ 以下のコマンドを使って古いバージョンを削除してください.
251
321
 
252
- * {uri-install-docker}[Installing Asciidoctor using Docker]
253
- * {uri-install-osx-doc}[Installing Asciidoctor on Mac OS X]
254
- // at the moment, the following entry is just a reiteration of the information in this README
255
- //* {uri-install-doc}[Installing the Asciidoctor toolchain]
322
+ $ gem cleanup asciidoctor
256
323
 
257
- == Usage
324
+ == 使い方
258
325
 
259
- Asciidoctorのインストールに成功すれば, `asciidoctor` コマンドラインインターフェース(CLI)がPATH中で有効になります.
260
- 確認のために, 以下をターミナルで実行しましょう:
326
+ Asciidoctorのインストールが成功すると, `asciidoctor` コマンドがPATHに存在するようになり, Asciidoctorのコマンドラインインターフェース(CLI)が使用できるようになります.
327
+ 確認のために, ターミナルで以下を実行しましょう:
261
328
 
262
329
  $ asciidoctor --version
263
330
 
264
- AsciidoctorのバージョンとRuby環境についての情報がターミナルに出力されたのを見ることができるはずです.
331
+ AsciidoctorのバージョンとRuby環境についての情報がターミナルに出力されるはずです.
265
332
 
266
333
  [.output,subs=attributes+]
267
334
  ....
268
335
  Asciidoctor {release-version} [https://asciidoctor.org]
269
- Runtime Environment (ruby 2.4.1p111 [x86_64-linux]) (lc:UTF-8 fs:UTF-8 in:- ex:UTF-8)
336
+ Runtime Environment (ruby 2.6.0p0 [x86_64-linux]) (lc:UTF-8 fs:UTF-8 in:- ex:UTF-8)
270
337
  ....
271
338
 
272
- AsciidoctorはAPIを提供します.
273
- APIは他のRubyソフトウェア, Rails, SinatraGitHub, そして他の言語, Java (via {uri-asciidoctorj}[AsciidoctorJ] )JavaScript (via {uri-asciidoctorjs}[Asciidoctor.js])との統合を意図しています.
339
+ AsciidoctorはAPIも提供します.
340
+ APIは他のRubyソフトウェア, たとえばRails, Sinatra, GitHub, そして他の言語, たとえばJava ({uri-asciidoctorj}[AsciidoctorJ] 経由)JavaScript ({uri-asciidoctorjs}[Asciidoctor.js] 経由)と組み合わせて使用するためのものです.
274
341
 
275
- === Command line interface (CLI)
342
+ === コマンドラインインターフェース (CLI)
276
343
 
277
- `asciidoctor` コマンドはAsciidoctorをコマンドライン(つまりターミナル)から起動することを可能にします.
344
+ `asciidoctor` コマンドによりコマンドライン(つまりターミナル)からAsciidoctorを起動することができます.
278
345
 
279
- 次のコマンドはファイルREADME.adocHTMLに変換し, 結果を同じディレクトリのREADME.htmlに保存します.
280
- 生成されたHTMLファイルの名前はソースファイル依存し, その拡張子を `.html` に変えます.
346
+ 次のコマンドにより, README.adocというファイルがHTMLに変換され, 結果が同じディレクトリのREADME.htmlとして保存されます.
347
+ 生成されるHTMLファイルの名前は, ソースファイルのファイル名の拡張子を `.html` に替えたものとなります.
281
348
 
282
349
  $ asciidoctor README.adoc
283
350
 
284
- Asciidoctorプロセッサに様々なフラグやスイッチを与えることで制御できます.それは以下を用いて調べることができます:
351
+ さまざまなフラグやスイッチを与えることでAsciidoctorプロセッサをコントロールすることができます. フラグやスイッチの説明は以下のコマンドで表示されます:
285
352
 
286
353
  $ asciidoctor --help
287
354
 
288
- 例えば, ファイルを異なるディレクトリに書き出すには:
355
+ 例えば, ファイルを異なるディレクトリに書き出すには以下を使用します:
289
356
 
290
357
  $ asciidoctor -D output README.adoc
291
358
 
292
- `asciidoctor` {uri-manpage}[man page] はコマンドライン・インタフェースの完全なリファレンスを提供します.
359
+ コマンドラインインタフェースの完全なリファレンスは `asciidoctor` {uri-manpage}[manページ] にあります.
293
360
 
294
- `asciidoctor` コマンドの使い方についてもっと学ぶには以下を参照してください.
361
+ `asciidoctor` コマンドの使い方の詳細については以下を参照してください.
295
362
 
296
- * {uri-render-doc}[How do I convert a document?]
363
+ * {uri-convert-doc}[How do I convert a document?]
297
364
  * {uri-themes-doc}[How do I use the Asciidoctor stylesheet factory to produce custom themes?]
298
365
 
299
366
  === Ruby API
@@ -303,16 +370,16 @@ Asciidoctorをアプリケーションの中で使うには, まずgemをrequire
303
370
  [source]
304
371
  require 'asciidoctor'
305
372
 
306
- それから, AsciiDocソースファイルをHTMLファイルに変換できます:
373
+ そうすると, 以下のようにしてAsciiDocソースファイルをHTMLファイルに変換できます:
307
374
 
308
375
  [source]
309
376
  Asciidoctor.convert_file 'README.adoc', to_file: true, safe: :safe
310
377
 
311
- WARNING: AsciidoctorをAPI経由で使っている時, デフォルトのセーフモードは `:secure` です.
312
- セキュアモードでは, `include` ディレクティブを含むいくつかのコア機能は無効化されています.
313
- もしこれらの機能を有効化したい場合, 明示的にセーフモードを `:server` (推奨)か `:safe` にする必要があります.
378
+ WARNING: AsciidoctorをAPI経由で使っているとき, デフォルトのセーフモードは `:secure` (セキュアモード)です.
379
+ セキュアモードでは, `include` ディレクティブを含むいくつかのコア機能が無効化されています.
380
+ これらの機能を有効化したい場合, 明示的にセーフモードを `:server` (推奨)か `:safe` にする必要があります.
314
381
 
315
- AsciiDoc文字列を埋め込みHTML(HTMLページヘの挿入)へ変換することもできます:
382
+ AsciiDoc文字列を, 埋め込み用HTML(HTMLページヘの挿入用)に変換することもできます:
316
383
 
317
384
  [source]
318
385
  ----
@@ -320,7 +387,7 @@ content = '_Zen_ in the art of writing https://asciidoctor.org[AsciiDoc].'
320
387
  Asciidoctor.convert content, safe: :safe
321
388
  ----
322
389
 
323
- もし完全なHTMLドキュメントを求めるのであれば, `header_footer` オプションを以下の通り有効にしてください:
390
+ もし完全なHTMLドキュメントが必要であれば, 以下のように `header_footer` オプションを有効にしてください:
324
391
 
325
392
  [source]
326
393
  ----
@@ -328,7 +395,7 @@ content = '_Zen_ in the art of writing https://asciidoctor.org[AsciiDoc].'
328
395
  html = Asciidoctor.convert content, header_footer: true, safe: :safe
329
396
  ----
330
397
 
331
- パースされたドキュメントにアクセスしたいのなら, 変換を個々のステップに分割することが出来ます:
398
+ パースされたドキュメントにアクセスしたい場合は, 変換を複数のステップに分割します:
332
399
 
333
400
  [source]
334
401
  ----
@@ -338,81 +405,79 @@ puts document.doctitle
338
405
  html = document.convert
339
406
  ----
340
407
 
341
- Asciidoctorの生成する出力が気に入らないのであれば, _あなたはそれを変更できる_ ことを忘れないでください!
342
- Asciidoctorはパースされたドキュメントを生成された出力に変換する処理を扱うカスタムコンバーターをサポートしています.
408
+ Asciidoctorの生成する出力が気に入らない場合は, _あなたはそれを変更できる_ ことを忘れないでください!
409
+ パースされたドキュメントを出力形式に変換するコンバータは, カスタマイズが可能です.
343
410
 
344
- 断片的な出力をカスタマイズする簡単な方法の一つはテンプレートコンバーターを使うことです.
345
- テンプレートコンバーターによって, ドキュメント中のあらゆるノードの変換を扱うために {uri-tilt}[Tilt]-supportedテンプレートファイルを使うことができます.
411
+ 出力を部分的にカスタマイズする簡単な方法としてはテンプレートコンバータがあります.
412
+ テンプレートコンバータでは, ドキュメントの各ノードの変換に {uri-tilt}[Tilt]対応テンプレートファイルを使うことができます.
346
413
 
347
- そのようにすれば, 出力を100%制御することが _できます_ .
348
- APIの使い方や出力のカスタマイズ方法についてのより詳しい情報は {uri-user-manual}[user manual] を参照してください.
414
+ さまざまな方法を使って出力は100%制御することが _できます_ .
415
+ APIの使い方や出力のカスタマイズ方法についてのより詳しい情報は {uri-user-manual}[ユーザマニュアル] を参照してください.
349
416
 
350
- == Contributing
417
+ == コントリビューション
351
418
 
352
- {uri-freesoftware}[free software] の精神においては, _everyone_ がこのプロジェクトを改良するのをたすけることが勧められています.
353
- もしエラーや手抜かりをソースコード, ドキュメント, あるいはウェブサイトに見つけたのなら, 恥じることなく修正と共にpull requestの開設やissueの送信をしてください.
354
- New contributors are always welcome!
419
+ 新しいコントリビューションを常に歓迎します!
420
+ もしソースコード, ドキュメント, あるいはウェブサイトに間違いや不備を見つけたら遠慮なく, イシューを作成するか, 修正をおこなってpull requestを作成してください.
355
421
 
356
- *あなた* にもできることがあります:
422
+ *あなた* にもできることがあります:
357
423
 
358
- * 先行バージョン(alpha, beta or preview)の使用
424
+ * 先行バージョン(alpha, beta, またはpreview)の使用
359
425
  * バグレポート
360
426
  * 新機能提案
361
- * ドキュメントの執筆
362
- * 仕様の執筆
363
- * コーディング -- _パッチでも, 足りなすぎるなんてことはありません_
427
+ * ドキュメントの執筆または編集
428
+ * テストをつけてコードを書くこと -- _どのようなパッチであれ小さすぎるなどということはありません_
364
429
  ** typoの修正
365
430
  ** コメントの追加
366
431
  ** 一貫性のないホワイトスペースの除去
367
432
  ** テストの記述!
368
433
  * リファクタリング
369
- * {uri-issues}[issues] の修正
370
- * パッチの批評
434
+ * {uri-issues}[イシュー] の解決
435
+ * パッチのレビュー
371
436
 
372
- {uri-contribute}[Contributing] ガイドはどうやってスタイルをつくるか, issueを送るか, 機能リクエスト, コーディング, ドキュメンテーションをAsciidoctor Projectにするかについての情報を提供しています.
437
+ Asciidoctorプロジェクトにイシュー, 機能リクエスト, コード, ドキュメントを送る際の, 作成方法, スタイル, および送り方は, {uri-contribute}[Contributing] ガイドに記載されています.
373
438
 
374
- == Getting Help
439
+ == 助けを得る
375
440
 
376
- Asciidoctorプロジェクトはあなたが簡単に著作を書いて, 配布するのをたすけるため開発されています.
377
- しかしあなたのフィードバックなしにはできません!
378
- ディスカッションリストで, Twitterで, チャットルームで, 質問し, プロジェクトのあらゆる側面について話し合うようお勧めします.
441
+ Asciidoctorは, コンテンツの執筆と公開を簡単にするために開発されています.
442
+ しかしあなたからのフィードバックがなくてはAsciidoctorの開発は進みません!
443
+ ディスカッションリスト, Twitter, チャットルームを使って, 質問をしたりプロジェクトのさまざまな側面について話し合ったりすることをお勧めします.
379
444
 
380
- Discussion list (Nabble):: {uri-discuss}
381
- Twitter:: #asciidoctor hashtag or @asciidoctor mention
382
- Chat (Gitter):: image:https://badges.gitter.im/Join%20In.svg[Gitter, link=https://gitter.im/asciidoctor/asciidoctor]
445
+ チャット(Gitter):: image:https://badges.gitter.im/Join%20In.svg[Gitter, link=https://gitter.im/asciidoctor/asciidoctor]
446
+ ディスカッションリスト(Nabble):: {uri-discuss}
447
+ Twitter:: ハッシュタグ https://twitter.com/search?f=tweets&q=%23asciidoctor[#asciidoctor] またはメンション https://twitter.com/asciidoctor[@asciidoctor]
383
448
 
384
449
  ifdef::env-github[]
385
- 以下のプロジェクトサイトに、Asciidoctorに関するさらに詳しい情報やドキュメントがあります。
450
+ 以下のプロジェクトサイトに, Asciidoctorに関するさらに詳しい情報やドキュメントがあります.
386
451
 
387
- {uri-project}/[Home] | {uri-news}[News] | {uri-docs}[Docs]
452
+ {uri-project}[Home] | {uri-news}[News] | {uri-docs}[Docs]
388
453
  endif::[]
389
454
 
390
- GitHub上のAsciidoctorはプロジェクトのソースコード, イシュートラッカー, サブプロジェクトを管理しています.
455
+ GitHub上のAsciidoctorのorganizationではプロジェクトのソースコード, イシュートラッカー, サブプロジェクトが管理されています.
391
456
 
392
- Source repository (git):: {uri-repo}
393
- Issue tracker:: {uri-issues}
394
- Asciidoctor organization on GitHub:: {uri-org}
457
+ ソースリポジトリ(git):: {uri-repo}
458
+ イシュートラッカー:: {uri-issues}
459
+ GitHub上のAsciidoctororganization:: {uri-org}
395
460
 
396
- == Copyright and Licensing
461
+ == ライセンス
397
462
 
398
463
  Copyright (C) 2012-2019 Dan Allen, Sarah White, Ryan Waldron, and the individual contributors to Asciidoctor.
399
- 本ソフトウェアはMITライセンスのもとで自由に使用できます.
464
+ 本ソフトウェアはMITライセンスのもとで使用できます.
400
465
 
401
- 詳細は {uri-license}[LICENSE] ファイルを参照してください.
466
+ ライセンスの詳細については {uri-license}[LICENSE] ファイルを参照してください.
402
467
 
403
- == Authors
468
+ == 作者
404
469
 
405
- *Asciidoctor* は https://github.com/mojavelinux[Dan Allen] と https://github.com/graphitefriction[Sarah White] が先導し, Asciidoctorの素晴らしきコミュニティの数多くのメンバからコントリビューションを受けてきました.
406
- このプロジェクトは2012年から https://github.com/nickh[Nick Hengeveld] の {uri-prototype}[プロトタイプ] をベースに https://github.com/erebor[Ryan Waldron] により創始されました.
470
+ *Asciidoctor* は https://github.com/mojavelinux[Dan Allen] と https://github.com/graphitefriction[Sarah White] がリードし, Asciidoctorの素晴らしきコミュニティの {uri-contributors}[数多くのメンバ] からコントリビューションを受けてきました.
471
+ このプロジェクトは https://github.com/nickh[Nick Hengeveld] の {uri-prototype}[プロトタイプ] をベースに https://github.com/erebor[Ryan Waldron] により2012年から創始されました.
407
472
 
408
473
  *AsciiDoc* は Stuart Rackham により創始され, AsciiDocコミュニティの数多くのメンバからコントリビューションを受けてきました.
409
474
 
410
475
  ifndef::env-site[]
411
- == Changelog
476
+ == 変更履歴
412
477
 
413
478
  ifeval::[{safe-mode-level} < 20]
414
479
  include::CHANGELOG.adoc[tag=compact,leveloffset=+1]
415
480
  endif::[]
416
481
 
417
- リリースごとの変更一覧は {uri-changelog}[CHANGELOG] を参照してください.
482
+ 過去のリリースの完全な変更点リストについては {uri-changelog}[CHANGELOG] を参照してください.
418
483
  endif::[]
@@ -1,6 +1,6 @@
1
1
  = Asciidoctor
2
2
  Dan Allen <https://github.com/mojavelinux[@mojavelinux]>; Sarah White <https://github.com/graphitefriction[@graphitefriction]>; Ryan Waldron <https://github.com/erebor[@erebor]>
3
- v2.0.9, 2019-04-30
3
+ v2.0.10, 2019-05-31
4
4
  // settings:
5
5
  :page-layout: base
6
6
  :idprefix:
@@ -18,7 +18,7 @@ ifdef::env-github[]
18
18
  :warning-caption: :warning:
19
19
  endif::[]
20
20
  // Variables:
21
- :release-version: 2.0.9
21
+ :release-version: 2.0.10
22
22
  // URIs:
23
23
  :uri-org: https://github.com/asciidoctor
24
24
  :uri-repo: {uri-org}/asciidoctor
@@ -1,6 +1,6 @@
1
1
  = Asciidoctor
2
2
  Dan Allen <https://github.com/mojavelinux[@mojavelinux]>; Sarah White <https://github.com/graphitefriction[@graphitefriction]>; Ryan Waldron <https://github.com/erebor[@erebor]>
3
- v2.0.9, 2019-04-30
3
+ v2.0.10, 2019-05-31
4
4
  // settings:
5
5
  :idprefix:
6
6
  :idseparator: -
@@ -17,7 +17,7 @@ ifdef::env-github[]
17
17
  :warning-caption: :warning:
18
18
  endif::[]
19
19
  // Variables:
20
- :release-version: 2.0.9
20
+ :release-version: 2.0.10
21
21
  // URIs:
22
22
  :uri-org: https://github.com/asciidoctor
23
23
  :uri-repo: {uri-org}/asciidoctor
@@ -230,7 +230,7 @@ table.linenotable td.linenos{border-right:1px solid currentColor;opacity:.35;pad
230
230
  pre.pygments .lineno{border-right:1px solid currentColor;opacity:.35;display:inline-block;margin-right:.75em}
231
231
  pre.pygments .lineno::before{content:"";margin-right:-.125em}
232
232
  .quoteblock{margin:0 1em 1.25em 1.5em;display:table}
233
- .quoteblock>.title{margin-left:-1.5em;margin-bottom:.75em}
233
+ .quoteblock:not(.excerpt)>.title{margin-left:-1.5em;margin-bottom:.75em}
234
234
  .quoteblock blockquote,.quoteblock p{color:rgba(0,0,0,.85);font-size:1.15rem;line-height:1.75;word-spacing:.1em;letter-spacing:0;font-style:italic;text-align:justify}
235
235
  .quoteblock blockquote{margin:0;padding:0;border:0}
236
236
  .quoteblock blockquote::before{content:"\201c";float:left;font-size:2.75em;font-weight:bold;line-height:.6em;margin-left:-.6em;color:#7a2518;text-shadow:0 1px 2px rgba(0,0,0,.1)}
@@ -247,7 +247,8 @@ pre.pygments .lineno::before{content:"";margin-right:-.125em}
247
247
  .quoteblock.abstract blockquote,.quoteblock.abstract p,.quoteblock.excerpt blockquote,.quoteblock.excerpt p,.quoteblock .quoteblock blockquote,.quoteblock .quoteblock p{line-height:1.6;word-spacing:0}
248
248
  .quoteblock.abstract{margin:0 1em 1.25em;display:block}
249
249
  .quoteblock.abstract>.title{margin:0 0 .375em;font-size:1.15em;text-align:center}
250
- .quoteblock.excerpt,.quoteblock .quoteblock{margin:0 0 1.25em;padding:0 0 .25em 1em;border-left:.25em solid #dddddf}
250
+ .quoteblock.excerpt>blockquote,.quoteblock .quoteblock{padding:0 0 .25em 1em;border-left:.25em solid #dddddf}
251
+ .quoteblock.excerpt,.quoteblock .quoteblock{margin-left:0}
251
252
  .quoteblock.excerpt blockquote,.quoteblock.excerpt p,.quoteblock .quoteblock blockquote,.quoteblock .quoteblock p{color:inherit;font-size:1.0625rem}
252
253
  .quoteblock.excerpt .attribution,.quoteblock .quoteblock .attribution{color:inherit;text-align:left;margin-right:0}
253
254
  table.tableblock{max-width:100%;border-collapse:separate}
@@ -469,8 +469,8 @@ module Asciidoctor
469
469
  # (TM)
470
470
  [/\\?\(TM\)/, '&#8482;', :none],
471
471
  # foo -- bar (where either space character can be a newline)
472
- # NOTE this necessarily drops the newline if it appears at end of line
473
- [/(^|\n| |\\)--( |\n|$)/, '&#8201;&#8212;&#8201;', :none],
472
+ # NOTE this necessarily drops the newline if replacement appears at end of line
473
+ [/(?: |\n|^|\\)--(?: |\n|$)/, '&#8201;&#8212;&#8201;', :none],
474
474
  # foo--bar
475
475
  [/(#{CG_WORD})\\?--(?=#{CG_WORD})/, '&#8212;&#8203;', :leading],
476
476
  # ellipsis
@@ -52,7 +52,7 @@ module Asciidoctor
52
52
 
53
53
  unless options.key? :standalone
54
54
  if sibling_path || write_to_target
55
- options[:standalone] = true
55
+ options[:standalone] = options.fetch :header_footer, true
56
56
  elsif options.key? :header_footer
57
57
  options[:standalone] = options[:header_footer]
58
58
  end
@@ -153,7 +153,7 @@ class Converter::Html5Converter < Converter::Base
153
153
  end
154
154
 
155
155
  if (syntax_hl = node.syntax_highlighter) && (syntax_hl.docinfo? :head)
156
- result << (syntax_hl.docinfo :head, node, linkcss: linkcss)
156
+ result << (syntax_hl.docinfo :head, node, cdn_base_url: cdn_base_url, linkcss: linkcss, self_closing_tag_slash: slash)
157
157
  end
158
158
 
159
159
  unless (docinfo_content = node.docinfo).empty?
@@ -1217,7 +1217,7 @@ class Document < AbstractBlock
1217
1217
  when '', 'font'
1218
1218
  else
1219
1219
  attrs['icons'] = ''
1220
- attrs['icontype'] = icons_val
1220
+ attrs['icontype'] = icons_val unless icons_val == 'image'
1221
1221
  end
1222
1222
  end
1223
1223
 
@@ -27,12 +27,17 @@ module SyntaxHighlighter
27
27
  # Returns a [Boolean] indicating whether the docinfo method should be called for this location.
28
28
  def docinfo? location; end
29
29
 
30
- # Public: Generates docinfo markup to insert in the output document at the specified location.
30
+ # Public: Generates docinfo markup for this syntax highlighter to insert at the specified location in the output document.
31
31
  #
32
32
  # location - The Symbol representing the location slot (:head or :footer).
33
+ # doc - The Document in which this syntax highlighter is being used.
34
+ # opts - A Hash of options that configure the syntax highlighting:
35
+ # :linkcss - A Boolean indicating whether the stylesheet should be linked instead of embedded (optional).
36
+ # :cdn_base_url - The String base URL for assets loaded from the CDN.
37
+ # :self_closing_tag_slash - The String '/' if the converter calling this method emits self-closing tags.
33
38
  #
34
39
  # Return the [String] markup to insert.
35
- def docinfo location
40
+ def docinfo location, doc, opts
36
41
  raise ::NotImplementedError, %(#{SyntaxHighlighter} subclass #{self.class} must implement the ##{__method__} method since #docinfo? returns true)
37
42
  end
38
43
 
@@ -1,4 +1,4 @@
1
1
  # frozen_string_literal: true
2
2
  module Asciidoctor
3
- VERSION = '2.0.9'
3
+ VERSION = '2.0.10'
4
4
  end
@@ -1,13 +1,13 @@
1
1
  '\" t
2
2
  .\" Title: asciidoctor
3
3
  .\" Author: Dan Allen, Sarah White, Ryan Waldron
4
- .\" Generator: Asciidoctor 2.0.9
5
- .\" Date: 2019-04-30
4
+ .\" Generator: Asciidoctor 2.0.10
5
+ .\" Date: 2019-05-31
6
6
  .\" Manual: Asciidoctor Manual
7
- .\" Source: Asciidoctor 2.0.9
7
+ .\" Source: Asciidoctor 2.0.10
8
8
  .\" Language: English
9
9
  .\"
10
- .TH "ASCIIDOCTOR" "1" "2019-04-30" "Asciidoctor 2.0.9" "Asciidoctor Manual"
10
+ .TH "ASCIIDOCTOR" "1" "2019-05-31" "Asciidoctor 2.0.10" "Asciidoctor Manual"
11
11
  .ie \n(.g .ds Aq \(aq
12
12
  .el .ds Aq '
13
13
  .ss \n[.ss] 0
@@ -1,7 +1,7 @@
1
1
  = asciidoctor(1)
2
2
  Dan Allen; Sarah White; Ryan Waldron
3
3
  :doctype: manpage
4
- :release-version: 2.0.9
4
+ :release-version: 2.0.10
5
5
  :man manual: Asciidoctor Manual
6
6
  :man source: Asciidoctor {release-version}
7
7
  :page-layout: base
metadata CHANGED
@@ -1,7 +1,7 @@
1
1
  --- !ruby/object:Gem::Specification
2
2
  name: asciidoctor
3
3
  version: !ruby/object:Gem::Version
4
- version: 2.0.9
4
+ version: 2.0.10
5
5
  platform: ruby
6
6
  authors:
7
7
  - Dan Allen